灘浜サイエンススクエアでのイベントが、4年ぶりに再開! 雲ができるしくみや雲の名前を楽しく学んだ後は、外に出て、空を見上げて雲観察。雲をつくる実験や、再現装置で雨粒の観察もしました。最後に綿を使って、雲のフワフワ立体パネル作り。今日学 ...

雨が続く梅雨の真っただ中の講座でした。雨はどうして降るのでしょう? 雨粒の形は? はじめにみんなで勉強したあと、ペットボトルで雨量計を作りました。自分で作った雨量計を使ってこの夏休みの雨の日に雨量を計ってみよう。観測した雨量のデータの ...

空に浮かぶ雲にはどんな種類があるのでしょうか?雲のパネルを作って雲の観察会を行いました。初めに、どうして雲ができるのを学んだ後、雲のパネルを工作して、それぞれの雲の特徴を学びました。午後から雨模様でしたが、小雨を選んで外で観察方法の説 ...

テレビなどで放映される天気予報は、どのようにして作られているのでしょうか。気象観測の方法、天気変化のしくみを学び、明日の天気を予想し、最後にテレビの番組形式で発表しました。科学館がキー局となり、アナウンサーが番組を進行、3人(1組のみ ...

ペットボトルの中に雪の結晶を作りました。みんな大きな樹枝状の結晶ができて大喜びです。また、結晶が成長する合間に、「雪はどうして降るの?」「この冬の雪は?」「どうして日本海側にたくさんの雪が降るの?」「いろいろな雪の結晶の形」を学びまし ...

本格的な冬が近づく中、「雪の結晶作りと冬の天気」の教室を開催しました。この教室は家族で参加するもので、保護者、兄弟姉妹など12家族25人が参加して楽しく学びました。全家族がとてもきれいな結晶を成長させることが出来ました。又、雪はどのよ ...

今回は、2時間全部実験タイムです。講師実験を2つ見学、8つの実験を3テーブルに分け、3班に分かれて順番に回りました。すべて空気が作り出す実験です。一番人気が、減圧器の中で、おっとっとのお菓子袋が割れる実験です。中の高度計を見ながら、エ ...

大阪府茨木市立畑田小学校の5年生2クラスで出前授業を開催しました。午前は1組26人、午後は2組28人です。天気予報ができるまで、雲のでき方、高気圧・低気圧・前線を学んだのち、さあ明日の天気予報に挑戦! 沖縄の南に停滞前線、台湾付近に台 ...

たつの市こどもサイエンスひろばで「気象のかがく」を開催しました。午前は高学年向けに「天気予報にチャレンジ!」を、午後は低学年向きに「ワクワク!雲はかせになろう」を実施しました。「天気予報にチャレンジ」では4~5人でグループを作り、初め ...

茨木市立西小学校の5年生2クラスで出前授業を開催しました。午前は1組28人、午後は2組28人で、5年生56人と「明日の天気予報にチャレンジ!」。各自自分の白地図に、高気圧、低気圧、前線の位置を書き込んで、さあ予想しよう明日の天気。雲が ...